BodyBody津島店

リラクゼーションサロンBodyBodyは肩こり・腰痛・ストレスや疲れを癒しあなたのバランスを整えます。活き活きとした毎日のお手伝いをいたします・・・

TEL:0567-93-7000

〒496-0027 愛知県津島市津島北新開351(ヨシヅヤ津島本店 シネマ館2F)

勉強会報告

創造編4「登る道」

初めて京都の勉強会についての投稿を読む方へ・・・

私が学ぶ手技療法は気や経絡を用いた技術です。
気についてよく分からない部分はあまり深く考えずに
「そういうものなんだ・・・」と読んで頂けたらいいかと思います。

また、考案者は住職をしている方なので仏教用語・仏教的表現が出てきます。
しかし、私達のお店は宗教とは一切関係はありませんのでご理解下さい。

――――――――――

朝、お寺に行ったら、私の兄弟子である豊希さんと、山往さんがギターの練習をしていました。
豊希さんは今や世界中で活躍してるギターリストです。
新しい曲である、○○般若心経?の練習をしていました。
(○○の部分は忘れました。スミマセン)

国境を超えて音響で世界平和を目指し日々頑張っています。
これからも、頑張って下さいね!
また、マッサージ師のシゲさんの面白い話も聞けて楽しかったです(笑)有難うございました。

==========

今回の勉強会(修行)も沢山ありすぎましたが、1年経った今、経絡療法が始まった事が私の一番の印象でした。
その感じた事を書こうと思います。

上り坂

ちょっとだけマニアックな話で眠くなるので興味の無い方は他ページに行って下さい。

お寺で施術修行に来て、日々家でも生活に順応させて実践しています。

ここに来て確実に変わったのは、自分の在り方と考え方です。
そして、ちょっとだけ原始感覚と言うものが芽生えてきた気もします。

施術で技術向上も確かに大事ですが、それ以前にある心が大切であって心の在り方があってこそ心技一体の技か生まれるものだと思います。

習う、練氣法、経絡法、瞑想法を日々できるだけ実践し続けています。何気に日々坦々とやっていた事ですが実はこれらが、これから進む上でもの凄く大切な事だと今回の件で知る由もなかったです。

・・・・・・今までとは次元が違いました。

雲と山

基本の基本である切心や丹田が要になってきます。それを深め続ける事や、自然の流れを自分に取り込まないとここからの世界は本能的に進めないと思いました。

経絡を見る事はできても、そのどこの傷ついた流れを感知する為のセンサーや、経絡に触れる術、ケアする術などに結びつくので、今頃家での鍛錬をやってなかったらどうなっていたんだろうと思うと『ぞっ』とします。

中でも技術の稽古で、大腸経と言う経絡を腹部、上肢、下肢と言う順で教わり、腹部の大腸経と上肢の大腸経を同時に2ヶ所から押さえた時の2点が1点に感じた時は驚きました。

遠藤先生が分からない私に触れながらフォーム(型)を教えて頂いてる時、私の切心の中に遠藤先生の切心が入って、と言うよりも取り込まれ、そして融合し、尚且つ相手の経絡を自分(遠藤先生)の中に取り入れて、私の心の中に言葉でなく切心を通して「こうやってやるんだよ」と映して下さいました。

遠藤先生がどうやって経絡を観て共鳴しているかを私の切心で得たこの感覚は貴重なので決して忘れる事はできません(汗)

そして大腸経を流してる時に身体全身の毛穴から、老廃物なのか邪気かが出ていってる感じがずっとしていました。それに下肢大腸経だけでも、肩凝りが楽になっていました。

・・・・・・まさに産まれて始めて体感する事ばかりでミステリアスな世界でした。でもこれらは3~5歳頃までの子供には感じている世界らしいです。

==========

稽古で、受けるのは有り難いのですが、逆になると違いますね(泣)汗だくになり、叱られながらも必死な思いになってついて行く事に精一杯ですからね…

ぐったり-犬

今回はヘトヘトだったので、電車の中でぐっすり寝てしまい降りる所を間違えそうになりました(笑)

来月も宜しくお願い致します。豊希さん、また京都の美味しいお店に連れてって下さい。

(多分、まずありえないと思いますが、遠藤先生このページ見てないですよね?見てませんよね!思った事書いてしまったのでお許しを~(汗))

創造編3「命の道」

初めて京都の勉強会についての投稿を読む方へ・・・

私が学ぶ手技療法は気や経絡を用いた技術です。
気についてよく分からない部分はあまり深く考えずに
「そういうものなんだ・・・」と読んで頂けたらいいかと思います。

また、考案者は住職をしている方なので仏教用語・仏教的表現が出てきます。
しかし、私達のお店は宗教とは一切関係はありませんのでご理解下さい。

――――――――――

久々にお寺に勉強に行ったら講師の遠藤先生、そして皆さんが温かく御迎えして下さいました。
嬉しかったです。

ウェルカム

かれこれ早いもので1年経ちました。
学び続ける事は本当に楽しいですね♪

今回も沢山の事を学ばせて頂きました。

 

実は私、お寺に来る一週間前、左膝が先週パンパンに腫れてました。

あまりの痛さに骨が折れているのかと思う程でした。
一週間、自分でもケアをして何とか痛みは収まりましたがまだ完璧とは言えない状態でした。
そのため、今回の稽古は大丈夫なのかと思ってました。

しかし、たまたま今回の実技の時に10年修練を積んでる先輩とペアで練習させて頂きました。

帰りはあの痛みは何だったのかと思う程楽になってました。
(…Nさん、どれだけ深いツボをとられたんですかねー?)
世界中には色んな療法はあるけど、ここで学ばせて頂く技術も体感し改めて素晴らしいと実感しました

Nさん有難うございました。

 

***☆★☆***★☆★***

 

今回一番深い学びになった事は「弘通」と言う哲学です。

全てに宿ってる命の喜び、命の輝きを呼び起こす事。全ては物と捉えるので無くて『命』であること。

例えば、枕も枕でなく、寂しい時に使う癒しのパートナー、座る時に膝が痛い時に使うクッションなど、どんな活用も創造すればそこには物ではなく命に変わります。

車も、走る為の物でなく、大切な人に逢う為の命でもあったり、私達が生きる為に食材を運ぶもう1人の自分でもあったり、ペットボトルも、美しい花を添える命の輝きでもある様に、私達が見てる物や世界は、人それぞれの想像によって喜びや輝きへと命に変える事ができます

分かれ道

命の本質を見ると言う事は、その存在がどんな喜びや輝きをもたらすのか?

それが自他共に共感して分かち合う事で真の喜びに至るまでが『道』である事を…

今月は弘通をテーマにして実践しながら日々深めて行きたいと思います。

 

***☆★☆***★☆★***

 

何か皆様に、この日記でヒントになればと思います。

 

また次回も宜しくお願い致します。

創造偏2「志す道」

初めて京都の勉強会についての投稿を読む方へ・・・

私が学ぶ手技療法は気や経絡を用いた技術です。
気についてよく分からない部分はあまり深く考えずに
「そういうものなんだ・・・」と読んで頂けたらいいかと思います。

また、考案者は住職をしている方なので仏教用語・仏教的表現が出てきます。
しかし、私達のお店は宗教とは一切関係はありませんのでご理解下さい。

――――――――――

 

前回、時々この日記を書いて行こうと思いましたが、関心を持って楽しみにしてる方々がいらっしゃるので今回は書かせて頂きました。

とても内容濃く刺激的な合宿でした。
初日の夜は先輩達の試験がありました。
見学させて頂き「凄い!」と実感しました。それは、今の私にとって全て完璧にこなされていた事。そして、先輩達全員、合格された事は嬉しい限りでした。

発気法も合気も、何故あんなに人を飛ばせるんだろう?私なんかは上手くいったりいかなかったりで、先生がおっしゃる様に、力でなく相手を思いやってこその技なので芸術的な演武に美しさのあまり見とれてしまいました。

 

道場

残念だったのは、今まで私が学んできた事は全て時間が流れるが如く体感する事ばかりで技を体に記憶させなかった事でした(泣)これに気付き焦りました。できる事ならこの瞬間から深めたいと思います。

次は私達の番です!試験に向けこれから日々鍛錬を積み重ねて先輩達の様に合格を目指したいです。

 

そして今回も遠藤先生の講義で大切なヒントを得ました。

 

「何の為に生きてるのか?」
「どうして産まれたのか?そしてどんな思いで死んでいくのか?」
「私自身がどんな志で、この世界を見て世界や誰かの為に尽くす事ができるのか?」

 

「どれだけ他の悲しみを受け入れる事ができるか?」

 

「他の幸せや喜びを自分の事の様に実感できるのか?」

 

「どれだけ他を勇気付ける事ができるのか?」

これらを自問自答して行く先には何が見えてくるのか?
人生の使命は増々深まるばかりです。

人生の道

 

私は、人やメディア、社会に影響されず強い志しでこれからもできる限り生きていきたい。

自分は楽しく幸せであり、家族やスタッフもハッピー、お客様や逢う人み~んながワクワクして楽しい!と、思える世界を提供するのが夢であり使命だと確信しています。

だからこそ、これを見てる貴方がちょっとでも気持ちが満たされ楽な行き方に繋がるきっかけのお手伝いができたら幸いです。

 

あと、技術では自分なりに思った事や気が付いた事が沢山ありました。

他者のツボは自分の投影であり、自分だったんだと…

何故、切心や自他一如などが大切で何度も何度も心に刷り込むようにおっしゃってたその意味が…体感する上で少しずつ分かってきた気がします。
だからこそ他者を感じてる時は、自分の切なる想いも同時に感じ続けているのだと思います。闇の中には輝く光りありは本当ですね。

 

私なりの解釈ですが、我を超えて、深い深いその奥には、いつもみんなと繋がっていて、その施術技術が上手いや下手ではなく、きっとそれを超えた「共鳴」に真の力が存在する事なのかもしれません。

先輩もおっしゃてた意念を深めれば「ツボのほうから寄ってくる」も、どれだけ共鳴に心を傾けるかが大切だと思います。半年前は挫折感を味わってた私ですが、今は少しずつ解凍され、「何か」を探したり求めなくても、今そこに存在してるんだ、と実感してます。そして芽が育つよう良き未来を信じ続ける、ただそれだけなのかも知れません。施術も人生も楽しいですね。(思った事を書きまくって、しかも偉そうにすみません(泣))

これらの訓練はこの学び場じゃないと細かい所まで指摘されないし、「これで良いかも」と、思い込むと全然違う方向へ行ってしまうので、軌道修正しながら指導者や仲間達の支えや力が必要になってきます。一人で進めるようになってきたら、少しずつ自分らしく歩んでいきたいです。

志し

 

さて、お寺から出てから本当の修練ですね。
自他の心の表れであるこの世界を受け入れ全てに「幸」を抱きながら巡りたいです(笑)

来年も皆様宜しくお願い致します。道場で泊まった先輩と同期の皆さん、今回も飲みに連れて行って下さり有難うございます。祇園は色々な飲み屋さんがあって見てるだけでも楽しめますね。
お互いに次の朝に響かない様にしたいものですね(笑)

 

有難うございました。

創造偏1「心の道」

初めて京都の勉強会についての投稿を読む方へ・・・

私が学ぶ手技療法は気や経絡を用いた技術です。
気についてよく分からない部分はあまり深く考えずに
「そういうものなんだ・・・」と読んで頂けたらいいかと思います。

また、考案者は住職をしている方なので仏教用語・仏教的表現が出てきます。
しかし、私達のお店は宗教とは一切関係はありませんのでご理解下さい。

――――――――――

初伝と言う新しい道が始まりました。

これから、この感想文は時々書いて行こうと思います。

==========

道場に入ったその瞬間びっくりしました。
何の疑いもなく日本人ばかりだと思っていたらイギリス人のSさんが大歓迎して迎えて下さったのです。
そのSさんに2日間ずっと私達をサポートして頂きました。
有難うございました。

 

そして、新しいクラスは初伝と中伝が合体しており、先月修練を終えたばかりの私にも中伝の技術を学ばせて頂けました。
さらに嬉しい事に私達の他にも前から学びを深めてる先輩達がいらっしゃるのです。色んな事が聞けてとても刺激的でした。

講義も思った以上に内容が濃く、遠藤先生や、ここで修養されてる方々は、ホントに、本っ当に!…いやマジで!素晴らしいです。
(家についたらヘロヘロでした。)
今まで、生きてきた中で「こんな施療家達がいたんだ」「こんな人達には逢った事が無い…」と言う感じでした。

全員、迷いなく勢いがあって軽やかでありポジィテブなのです。
そして、それぞれぶれない信を抱いてた事です。

まっすぐな道
自分もぶれないで居たいものです。

誰に対しても、どこまでも明るさや思いやりがあり、愛に満ちた行動をされてる事は素晴らしいです。
逢う人の未来の幸せを心から祈ってるんです。

あと、これは終わった後に気が付いたのですが皆さん簡単に「気」でチェック出来るんです(笑)

普段から我を抱我で深める努力をしていなかったのでおそらくバレバレだったと思います。
(…今思うと、私が話さずにそこに座ってただけで、私の気を感じとって、そっと優しく気遣って下さったんだと思います。…恥ずかしい限りです(汗)…)

気を引き締めて、まずは実践で毎日の努力をする事。
それは心を深め気を高める為に、抱我で我を丹田より下に置く事。
心の眼で自身の内なる心を観る事。
そしてこの現実を見て、抱我で下げた我を見続ける訓練です。

丹田-仏像
丹田はちょうどこの像の手の高さの肚の中です。

初伝中伝の皆さんはこれらの場数を踏んで得られたからこそ、応用力のある対応を私に施してくれたんだと思いました。

==========

遠藤先生の講義で、陰陽の話にあった表裏一体の自然の中で私達は生きています。

人間は必ず相反するものを持ち合わせている事が宿命です。
光があれば闇もある。
正しい事をしようと思えば、そこに疑いが生まれる。
私がいるから、あなたがいる。
陰陽、光と闇、信疑などの2つの現象は、これで1つであること。

1円-表と裏
硬貨は分かりやすい例ですね。どちらかだけでは存在できません。

そこから、どうすればお互いにより良くなるか?成長できるのか?どんな時であっても下座の心で自他の良き未来に責任を持ち日々淡々と過ごす事、そしてこれら心の技術と手技の技術の両輪の輪を深め続ける事が大事であると改めて痛感しました。

これからも更に学びを深め、半年後1年後の時にはどうなってるかと思うと今からワクワクします。

遠藤先生、初伝中伝の皆様、同期のメンバー、有難うございました。
これからも宜しくお願い致します。

修練編7「受継がれる道」

初めて京都の勉強会についての投稿を読む方へ・・・

私が学ぶ技術は気や経絡を用いた手技療法です。
気についてよく分からない部分はあまり深く考えずに
「そういうものなんだ・・・」と読んで頂けたらいいかと思います。

また、考案者は住職をしている方なので仏教用語・仏教的表現が出てきます。
しかし、私達のお店は宗教とは一切関係はありませんのでご理解下さい。

――――――――――

半年間の修練が終了しました。
前回まとめてしまいましたが今回が最後です。

これからは、ついに念願の初伝(いつからそう思ったのでしょうか?)です♪

今の気持ちは「んー(*´∀`*)♪ワクワクしてたまらなーい♪」です!
やはり根本的に私も施術が大好きなんですね。

 

私が10年以上の実体験を基に独学で研究してきたのとは全く違い実際にその場で体感する事は大切ですね。今は自分の技術を受け入れ、ここで学ぶ技も切に受け入れて修業しようと言う気持ちです♪と、言うよりも、この半年間は、個人的に自身の闇と光を良く知る為の大変貴重なワークでした。これと施術技術が今後一体どんな形で繋がりを深めるのか?何となく分かるようで分からない、疑問を引きずったままですが、いつか道の進上で答えが見つかると信じて歩みたいと思います。
話しを元に戻します。お寺で学ぶ技術は毎回、驚きの連続でした。
10年と言う短い時間ではなく何千年もの前から進化伝承されてきた技術は奥が深いです。

お店で少しずつ実践してますが、お客様の反応を見てると癒しの効果は期待できます。

===============

余談ですが半年間一緒に勉強した仲間への感謝の気持ちを書かせて下さい。

 

Kさん道場の帰り際にみかん御馳走様でした。甘くて美味しかったです。
我が家では、帰ったら真ん中の子供が起きていたので食べさせたら喜んでましたよ(^^♪)

お2人のSさん電車途中まで有難うございました。
道場を出て三条京阪まで行く最中、外はもう真っ暗でしたが、街灯の光でいい景色でした。

 

祇園の秋

 

京都の秋の雰囲気を味わいながら、半年間の学びを3人で分かち合い駅に向かいましたね。

まだまだ感謝を伝えたいのですが長くなるので帰りにご一緒させて頂いた3人のクラスメイトだけで許して下さい。

本田先生、クラスメイトの皆さん、6ヵ月間有難うございました。
とても楽しくて最高のクラスでした♪

 

では、これより先は長くなるので、興味のある方だけゆっくり時間をかけて(嫌でも時間はかかります。)読んで下さい。

※今回すべての画像はネットからお借りしました。

(さらに…)

修練編6「味わう道」

初めて京都の勉強会についての投稿を読む方へ・・・

私が学ぶ技術は気や経絡を用いた手技療法です。
気についてよく分からない部分はあまり深く考えずに
「そういうものなんだ・・・」と読んで頂けたらいいかと思います。

また、考案者は住職をしている方なので仏教用語・仏教的表現が出てきます。
しかし、私達のお店は宗教とは一切関係はありませんのでご理解下さい。

――――――――――

京都で勉強してきた修練コースすべてを通して感じた事です。
長いので「またか・・」と思った方は読み飛ばして下さいね。

修練コースを受講させて頂き、自分でも驚く程の沢山の気付きを頂きました。
「自身がどう在るべきか、これからどう成すべきか」、を再確認させて頂きました。

また、このワークの開発者である遠藤喨及先生とは、一体どんな人間なのだろうと思いました。

 

今後、初伝などを少しずつ学ぶ時には、知識や技術を得られる事も喜びになっていくでしょう。
でも、今はそれだけではなく、その道を一歩一歩進みながら「今を味わって楽しむ事」こそ大事だと思います。

 

嬉しい事、楽しい事、辛くて悲しい事も、それぞれそこでしか体験できない貴重な学びです。
どんな道でも、その体験で学ぶ事を味わって、そこから喜びや幸せを感じる事がとても貴重な学びです。

 

前進
※画像はネットからお借りしました。

修練後半、引き続き自分の切心の最中、まだ根底に残っている自分を眺めてる時、涙がポロポロ出てきました。
まさに先生がおっしゃった通り、「過去を癒す」事がこんなにも思いがけない宝を運んでくれる事だと改めて感じました。

私の子供の頃の辛い出来事
(それについて詳しくは≪自分自身≫の所に書いてありますので興味のある方は読んで下さい。)
があった時、父や母はどんな想いだったんだろうか・・・
手術で耳を授けてくれた医師や決断してくれた両親はどんな想いだったのだろうか・・・
など、思えば思う程、心の内から感じる切なさや愛情が込み上げ涙が出ました。癒し-イメージ
※画像はネットからお借りしました。

人はいつ死ぬのか分かりません。
私は明日死ぬかもしれないし、100才まで生きれるかもしれない。
命はいつ終わるのか誰にも分からなからこそ、この瞬間がどれだけ貴重で大切なのか
生きていると言う事は何とも愛おしくて尊い事なのかに気が付きました。

だから今、幸せなんです。

こんなにも自分を好きになれる事は本当に幸せですね。

自分の内面に起こることは良い面も悪い面も本当は無いのです。
このありのままの自分が大切なのです。

今を味わいましょう。
そして、どんな場面であっても、この瞬間から逃げずに自分と向き合ってこれを受け入れるのです。

そして、今これを見てる貴方が、もし不安や不満で今が大変と感じているなら、エールを贈りたいです。

走る人と太陽
※画像はネットからお借りしました。

「貴方ならできる…なぜならば貴方は自分を何度でも変える事が出来るから」

「貴方ならできる…なぜならばこの世に生まれてきただけで素晴らしいんだから。」

「貴方ならできる…なぜならば沢山の悩みや苦しみを味わった貴方の心の奥には輝きを放つ優しい自分があるから」

「貴方ならできる…なぜならばいつもこの瞬間を精一杯いきているんだから。」

・・・最後に

『貴方の幸せを心から祈っています。』

修練編5「傲りの道」

初めて京都の勉強会についての投稿を読む方へ・・・

私が学ぶ技術は気や経絡を用いた手技療法です。
気についてよく分からない部分はあまり深く考えずに
「そういうものなんだ・・・」と読んで頂けたらいいかと思います。

また、考案者は住職をしている方なので仏教用語・仏教的表現が出てきます。
しかし、私達のお店は宗教とは一切関係はありませんのでご理解下さい。

――――――――――

最初に訂正です。
大阪のTさん、Kさん、喫茶店の呼び方間違えてました。

抱亜波輪(ほあはわ)でした。すみませんでした。
これからも応援してます!

ホットペッパーグルメに掲載されているようです。≪「抱亜波輪」のページ≫

さて、修練も次回が最後になりました♪
これが終れば次は初伝です。
何とか無事に次のステージにいけそうでホッとしました。

share_tempory 27
※二日目の朝に撮った写真です。朝日が眩しい!

そして本田先生から聞いた話では名古屋でも同じ指圧を実践されてる先輩達がいて
皆さん集まって活動をされているそうです。
これから先はどんな凄い人達と出逢って、気付きや学びを深める事ができるかと思うと今からワクワクしてます。
本題に戻ります。
私自身、東洋医学の深さと技術を追い求めこの道に入りました。
けど、それだけだと本当の意味での技術は習得できない事に気付きました。

「フンフーン!私ならできるぞー!」
「見て、学んで自分の物にするぞ!」
「自分の技術を磨くぞ」
と言う感じで技のみを追い求めていました。

サル
※画像はネットからお借りしました。
※画像はイメージです。

今思うと、とても恥ずかしい事でした。
何故、今まで気が付かなかったのだろうと深く後悔しています。

普段から先生は
「我に惑わされないで下さいね。」
と何度もおっしゃっていました。
しかしながら我が出てしまい、今までに自分で開拓して来た技術で圧していました。

(…表向きでは学ぶ気持ちでいましたが、やはり裏では根強く自分の技術が残ってます。

…やっぱりできない…その先に行く為に自分の自信や技術を手放すのが怖い。

この時はしっかり自身に言い聞かせました。何の為に京都にきたのか…いつかこう言う日がくるんだと知ってたし、今こそ踏み超える為の覚悟を持って、新しい自分、新しい何かを掴みとるチャンスなんだ!超えるんだー晃輝!と心の中で言い聞かせました。)
・・・気合は十分ですが、ゼロからなので先生の様な技術ができませんでした(笑)
今回、気が付いた最も大切な事は『大自然に身体を委ねる事』です。
それは今も昔も変わっていない事でした。
すると身に自然の力が宿り、力を使わずに深い施術ができるとの事です。

常に自分と向き合うので平常心を持つことが大切になります。
我を出すとこの技術は生まれません。

share_tempory 25
※ソフトクリームに抹茶がかけてあって美味しかったです。

ここで学ぶ技術は、自然の力である、気や心で身体の中に流れてる経絡から
今まで溜め込まれた邪気を出すことがメインだと私は解釈しています。
指圧やマッサージとは全く異なってる事を改めて理解させて頂きました。
心を深め、身体を鍛錬し、心身共に高めていくことが大切です。
私はまだまだ未熟で修行不足です。
そして、その先に進むには余分なものを捨てて道や自然と一体になる事だと思います。

練習中先生が繰返しおっしゃる
「心の目で観る。心で感じる。心で圧する。」
の意味がとても大切な事であると実感しました。
先生ならではのテクニックでしょうか。

指圧の世界は深いです。
限界は無く向上し続け、素晴らしい癒しを人や世に提供しています。
私もこれからも精進し学ばせて頂いた事を何度も何度も復習して実践していきたいと思います。
今思うと、こんなに楽しい世界を体験させて頂けるのは自分でも不思議に思います。

share_tempory 26
※こんなレトロな雰囲気の郵便局があるのも京都ならではでしょうか?

クラスの皆さん、私は皆さんが大切な学びの友であり、大事な仲間だと思ってます。
この半年間は大変お世話になりました。
次回で修練編は最後になりますがこれからも助け合いながら学びを深めましょう。

そして、勉強会の翌日である9月30日は愛する妻の誕生日です。
お店や家族があるのに、こんな私のわがままに耳を傾け学びの場を与えてくれた妻に
胸の内から感謝の想いが溢れてきます。
これの下書きをしている時はまだ祇園にいたので河原町に行ってから大切な妻にプレゼントを買って帰りました!

修練編4「我の道」

初めて京都の勉強会についての投稿を読む方へ・・・

私が学ぶ技術ですが気や経絡を用いた手技療法です。
気についてよく分からない部分はあまり深く考えずに
「そういうものなんだ・・・」と読んで頂けたらいいかと思います。

また、考案者は住職をしている方なので仏教用語・仏教的表現が出てきます。
しかし、私達のお店は宗教とは一切関係はありませんのでご理解下さい。

京都もずいぶん慣れてきました。
近頃は勉強後、夜出歩く余裕が出てきました。

京都ラテアート

※この記事に載せる画像を探している時に発見!次に行った時に飲めたら嬉しいです。

コーヒーショップでゆっくりコーヒーを飲んで
祇園や河原町周辺を散歩し
初めていくお店に一人で入って美味しいご飯を食べる・・・

など普段できない事を楽しんでます。

勉強がメインですが、たまにはこう言った楽しみも必要ですね♪


さて、話を本題に戻しますが、学ぶ事の楽しさと技術の奥深さや厳しさの有り難さを今回も痛感しました。

講師の本田先生が毎回おっしゃる「日頃からの鍛練」の大切さが結果として現れており反省しました。

授業では基本技術の訓練をする時間が長くなり、汗だくになりながら練習をしています。
その技術の内容も深くなるばかりで、普段お店で私達がやってる技術とは違い
ここでは下肢(足腰)の力を使う事が多いので、慣れるのにも一苦労です(泣)

そして、技術ばかりに意識が行くと「我」が出てきます。
すると今度は経絡に感応や結心も起こらず、ただの物理的な押圧になってしまいます。
頭、心、技術の空回りです。

空

※画像はネットからお借りしました。

今回、学んだのは共感的想像と言う理論でした。

私なりの理解では、相手の気と繋がりながら切心を深め続ける事で身を自然に委ねるものです。
頭では分かってはいるのですが今の私では日頃からの鍛錬が足りないので上手くいきませんでした。

学ぶ事は楽しい反面
出来ない事の
悲しさや
辛さ
己への悔しさ・・・

自分に厳しい指摘をしてくれるありがたい仲間の存在。

しかし、これはこれで今を潔く受け入れるしかないと思いました。
その未熟である私が私自身と向き合う為にも今がとても貴重な時間なのだと実感しています。
この経験は学ぶべき事であり感謝する事なのです。

「稽古 フリー素材」の画像検索結果

※画像はネットからお借りしました。

そしてこの「道」を進むうえで
我を戒め自他の一瞬先の未来に責任を持ち背負う事。
他者の喜びや幸せを精一杯祈る事は自分も楽しくなれるし、そこはいつも温もりや自由が感じられる。
今、生かされている喜びを抱きながら
日々修練させて頂ける事を学びました。


これは余談なのですが。

たまたまその日は胃腸の調子が悪くて「今日の講義は調子がでないかも・・・」と、思っていました。
しかし、クラスメイトが練習をしているのを受けているうちに気が付くと楽になってました。
それもただ腕を指圧してるだけだったので・・・・びっくりしました。


蓮の花

※画像はネットからお借りしました。

今回も本田先生、本当に有難うございました。

先生の表現をお借りすると「仏様と共に圧する」事を心に時間をかけて焦らず地道に修練していきたいと思います。
そしてそれを自他の成長のお役に立てたいです。

先生はいつも心を込めて精一杯、私達の幸せを応援しながら伝授して下さいます。
素晴らしい先生に巡り会えた事に心から感謝です。
そしてクラスの皆さんお世話になりました。
Sさん、お引っ越し頑張って下さい。
Sさん、帰りの電車、途中まで有難うございました。
次回も宜しくお願い致します。
(お二人ともSさんですが別々の方です。)

追伸
お知らせです。

クラスメイトのSさん(この文章の中で3人目のSさんです。)が、大阪に喫茶店をオープンしました。

お店の名前は「ゆるりカフェバー 抱亜波輪(だあはわ)」です。

住所 〒542-0073 大阪市中央区日本橋1丁目20-2竹岡ビル1階
関西に行った際にお時間ありましたら是非足を運んでみて下さい!

修練編3「気付く道」

初めて京都の勉強会についての投稿を読む方へ・・・

私が学ぶ技術ですが気や経絡を用いた手技療法です。
気についてよく分からない部分はあまり深く考えずに
「そういうものなんだ・・・」と読んで頂けたらいいかと思います。

また、考案者は住職をしている方なので仏教用語・仏教的表現が出てきますが
私達のお店は宗教とは一切関係はありませんのでご理解下さい。

やってきました。京都勉強会。

しかも、今回は、他のクラスの方が2人も見えていました。
そのクラスには、お医者さんが2人も受講しているそうです。驚きました。
ここで得た技法で多くの方に幸せをお届けしたいですね。

京都の川
近くの川が涼しげでした。

さて、今回も色々凹みましたが、仲間達と励まし合って、刺激や感動があった勉強会でした。
しかも、講師の本田先生から授業後に指圧をやって頂けた事は至福の時間でした。

この修練編というのでは基礎を固める事が目的で、初回は右も左も分かりませんでした。
今ではようやくなんとなく分かってきました。
しかし、まだまだ片鱗にすぎないので、日常に戻ってからも意識して訓練し続ける事で
本当の意味で得られるんだと思います。

クラスメイトのみなさんも同じで少しづつ分かって来たようです。

そしてワークを日々実践する事で、こんなにも変化する事には驚きました。
だって、こんな私にでも気の存在や現在勉強中の経絡、超脈といったのに触れる事も見る事ができるようになった感じがします。
当然クラスの皆さんも同じですが、お互いに相手の気を見る事で、どんな気が出てるかが分かります。
なので、実技は誤魔化す事ができません。すぐにチェックされます(笑)

講師の本田先生の指導が良かったおかげです。本当に感謝です。

今回刺激的だったのは、『抱我(ほうが)』と言う心境状態でした。
切心と同じ様な状態ですが、自他(自分と相手)の我(エゴ)を大きく包み込むような感じです。

実技で、クラスメイトに
『抱我ができてないよー!我が出て、ただ押してるだけ。』と、いう指摘を何度か頂きました。

これは、直に心に響きました。
よく自分を観察してみると表面ではしっかりやってるつもりでも深い所ではできていないんだと気付かせてもらい
『確かに、その通りかも』と実感しました。

形はできていても、自分自身の気に影響が及ぶので自分の深い心の中では我が結果として現れている貴重な体験でした。
とにかく、この技術も初めての事なのでほかの皆さんも同じで頭と体が混合して複雑だったと思います。私自身は凹みました。

一番最初の切心の頃と同じでした。

『・・・・頭では分かっているつもりでもどうしたら抱我を深めて、深い施術やツボの底まで届くんだろうか?
我を包む事ができたとしても、他にもきっと何か問題があるぞ?私ならやれる、きっとこの壁を超えられる。』
と信じ、講義後には先生の施術を60分ほど受けました。

『…おぉぉ…何て優しく力強くて、心地いいんだろう』

技術と先生の気の世界の体験をさせて頂きました…
そして施術後、今の自分の能力はこんな物なのか、と思い知らされました。
井の中の蛙とはこの事ですね。

「祇園 画像 素材」の画像検索結果
勉強会の後にこんな所で少しのんびりしたいですね。

次の日は先生のアドバイスで、『心で先に圧する』を考えてみました。
ひょっとしたら、と思い『身を任せて委ねる』事に変えてみたら、そのコツが掴めました。

成る程、こう言う事だったんだ!

今までの私の技法とぜんぜん真逆でした。

それは、つまり
『心を深めて、後は自然の流れに任せれる事。そしてそれを極限にまで深める事』でした。
他の皆さんはどんなきっかけでコツを掴めたか分かりませんが、私はこれが私のやり方なんだと実感しました。
文で説明する事は難しいですが、とても感激しました。

考え抜いて、時間もせまってくるし、もうダメかも、もうどうでもいいやと開き治った時、
力が抜けて、先生の言葉が心に入った事がコツをつかむきっかけに繋がりました。

嬉しくて、今にも涙が出そうでした。

この為に今まで習ってきた事があったんだと府に落ちました。が、これはまだ、そのごく一部です。
これからも学びを深めて行きたいです。

この修練の上の、初伝や中伝、奥伝を学ばれてる先輩達はどんな仙人(!)なのか、
と思うとほんとに雲の上過ぎて自分達はそれこそ小さな存在だなぁと思います。

「祇園 画像 素材」の画像検索結果
※実際は舞妓さんも芸子さんもまだ見ていません。

これを見ているクラスの皆さん、最後に出たお馴染みの宿題もお忘れなく頑張りましょうね。
どんどん絆が深まってく皆さんと、秋で終わる修練最後の日は全員で初伝を迎えるのが楽しみです。
あと、お客様に経絡法の実践は良いみたいですね。

多くの方の癒しや健康のお役に立てる様に実践しましょう。

さて。今回は勉強会とは別のお知らせがあります。

クラスメイトの何人かの方がアースキャラバン2015というのに参加するそうです。
京都で行われるので少し遠いですが
7月12日の11:00~20:00に
知恩院周辺と丸山公園音楽堂で
入場無料の
音楽と祈りとチャリティの祭典というのがあるそうです。

興味のある方はアースキャラバンで検索すると出てくるそうです。

リンクはこちら→≪アースキャラバン

国籍も宗教も越えた祭典だそうですよ。

大変長くなりましたが次回も宜しくお願い致します。

有難うございました。

修練編2「挑戦する道」

初めて京都の勉強会についての投稿を読む方へ・・・

私が学ぶ技術は気や経絡を用いた手技療法です。
気についてよく分からない部分はあまり深く考えずに
「そういうものなんだ・・・」と読んで頂けたらいいかと思います。

また、考案者は住職をしている方なので仏教用語・仏教的表現が出てきますが
私達のお店は宗教とは一切関係はありませんのでご理解下さい。

 

前回の講義で徹底的に心底打ちのめされました私でございます(笑)今回はリベンジで欠点を克服する努力を致しました。

 

早くも月日は流れ勉強会の日がやってきました。


※これは1日目が終わった後撮ったのでちょっと暗いです(笑)

久々に会ったクラスメイトは、一見変わってない様に見えましたが、肝心の講義では恐ろしくパワーアップしてた事に驚かされました。
きっと皆もこの1ヶ月は課題や勉強をひたすらやってたんだと思います。
その様な事でスタートしました。

今回も同じく経絡法から始まりました。
そして、私個人的に待ち望んでいた、ここでしか学べない技術である基本技法、気を練って気を高める練気法、前回よりバージョンアップした組手である合気法が学べる事に幸せと喜びがありました。
(…実際は、練気は、ヒーヒー言いながらやったり
合気は慣れないので次から次へとツボを見つけて組むは、
基本技法は簡単な様でこんなにも大変なのか?
で、結局は前回と同じで心身共に大変でした(泣))

 


※今回は余裕があったので少し散歩もしました。さすが京都!外国人の方も!

さてさて、前置きは長くなりましたが、それら以外にも一番貴重な体験をさせて頂いた事をご紹介状致します。
『タオ・コミュニケーション(略してタオコミ)』と言う 3人で行うカウンセリングです。
テーマは、『自分の根底で気掛かりな事を話す。』です。

切心を抱いて話を聞くだけのワークですが、話す事には戸惑いました。凄い勇気が入りましたからね。
多分、他のメンバーも同じだったんじゃないでしょうか。
なんといっても、いくらクラスメイトだからと言って触れられたく無い事もありますから。
しかし、ここにいるクラスメイトは今もこれからも同じ道を進むので、覚悟を決めて皆それぞれ
口から言葉を投げ出し(話す人)
それを切心を感じながら受け止め(聞く人)
切心を持って二人を見守る(見てる人)
と、順に交替しながら回りました。

 

率直な感じ、終わった後は『癒されたー!スッキリした!』、『その人の幸せを心から祈りたい!』と言う気持ちが涌き出てきました。
他の皆さんも同じで、普段から言えない事を今まで(1回目の前まで)まったく知らない人に話しを聞いて貰う事は新鮮な体験だったのではないでしょうか。
しかし、勇気も必要としましたが、真剣に相手がその事を聴いてくれた、更に、その二人を見守り続け大切に思ってくれたことで、言葉では言い表すことが出来ないような温かく何かに包まれてる様な安らぎを感じさせて頂きました。


※こんな素敵なお店も発見!実は次回はどんな発見が出来るかも楽しみ。

 

今はまだ、基本で心(気)を養う段階ですが、一段一段と着々に足を踏み入れていつかここで学んだ事を私なり昇華して、人を癒せれるようになりたいです。

終われば、筋肉痛も含め貴重な2日間でした。
講師の本田先生、アシスタントのお二人、今回も有難うございました。
クラスの皆さん、お疲れ様でした。私の気持ちとして素晴らしいクラスメイトに恵まれたと思います。
もっともっと絆を深めて皆で支え合いながら学びを深め、沢山の人にお役にたちましょうね!
来月は、また、今回習った練気法で気を高め、一段とお互いに切心を深めて先生方に驚かせましょう!

次回も宜しくお願い致します。

有難うございました。