BodyBody津島店

リラクゼーションサロンBodyBodyは肩こり・腰痛・ストレスや疲れを癒しあなたのバランスを整えます。活き活きとした毎日のお手伝いをいたします・・・

TEL:0567-93-7000

〒496-0027 愛知県津島市津島北新開351(ヨシヅヤ津島本店 シネマ館2F)

2018年

不眠

暑いと寝付けませんよね。
手のひらで優しく筋肉を緩めることでリラックスモードへと切り替える方法をご紹介します。
床に膝を曲げてゆったりと座ります。
1・2共に手全体を使って行います。
また、どちらも1握7秒ほどかけて緩めて下さい。
1、首スジ
右手で、首の後ろ側を頭と首の境目から、首の付け根まで3回に分けて握ります。
2、足のふくらはぎ。
膝裏から踵までの筋肉を5~7回ほどに分けて握ります。
こちらは両手を使っても良いです。
膝裏から足首の順に緩めます。
※力いっぱいではなく優しく行いましょう。夜寝る前や、時間のある時に1日2~3回行って下さい。

だるい時期は?

梅雨は気温差や湿気で身体がだるくなりやすいですね。
そんな時は気分だけでもスッキリしましょう!
 冷水で絞ったタオルと、40~42℃のお湯を入れた容器(両足を浸けれる大きさ)と背もたれのある椅子を用意します。
では、椅子に腰をかけ足をお湯に浸けて下さい。
 顔を上に向けタオルをおでこか目の上に置き椅子にもたれて下さい。
しばらくこの状態でリラックスタイム。
とても癒されます!
またアロマオイル(エッセンシャルオイル)を、お持ちでしたら、2~3滴お湯に加えると更に癒されますよ!

肩こりにオススメのセルフケアとストレッチ!

今やパソコンやスマホは日常生活に欠かせなくなりました。

ひたすら使い続けると同じ姿勢の為、肩や目に疲れが出てきます。
 今回はセルフケアとストレッチの2つご紹介を致します。
では、椅子に腰を掛けて下さい。
 左手から進めます。
まずはセルフケアから。
 左腕の付け根に親指が外側を向くように手を入れます。
 腕を支えるような位置で手を置いた状態で親指が当たる場所に圧を加え緩めます。
1圧当たり7秒ほどかけながら少しづつずらしながら肘まで進み脇まで戻ります。
3往復くらい行って下さい。
次にストレッチです。
 手の平が外を向くように手を組んだ状態でまっすぐ上に上げます。
そのままの姿勢で、左にゆっくり上半身を倒して体の側面をストレッチして下さい。
ポイントは10秒キープと深呼吸です。
 上記のセットを右も同じ様に行います。

腸腰筋をゆるめよう!

 腰痛の大きな原因の一つである腸腰筋。今日はこの筋肉を縮ませてゆるめて行きます。
 床に腰を下ろして下さい。
1、あぐらをかいて下さい。
2、上半身を前に曲げ1分間キープして元に戻します。
※無理やりに曲げず、軽くても良いので気持ちが良いがポイントです。
 1日2~4回くらい行って下さい。

手の疲れ

  1. スマホは手に負担がありますよね。今日は手の背面にある筋をリラックスします。
では、椅子に腰をかけて下さい。
 左から始めます。
 手は左右に垂らした状態から左肘をできるだけ曲げて下さい。
 次に右手を使って左手を反らした状態にして固定します。
そのまま15~30秒くらいキープします。
 戻す時は右手で左手を持ったまま、ゆっくりもとの状態に戻して下さい。
 反対も同じ様に行って下さい。

腰の疲れ

今日は骨盤の中を通っている腸腰筋という筋肉をリラックスさせます。
では、床の上に仰向けになって下さい。
左から始めます。
左ひざをできる限り曲げて下さい。
両手で左ひざ裏を抱えて、更に胸に近付けます。
気持ちが良い所で15~30秒くらいキープします。
戻す時は両手で太ももを持ったまま、ゆっくり床に足を伸ばして戻して下さい。
反対も同じ様に行って下さい。

足のスネをリラックス

 肩や腰も疲れは溜まりますが、足のスネの筋肉(前脛骨筋)にも十分溜まりますよね。
1、床に座り膝を立てます。
2、両膝の外側から足の両親指を掴み、つま先を外側に向けて下さい。
3、足の親指を引き、膝の外側に向かって足を反らして下さい。
 力を入れないでリラックスしながら、この状態を15秒から1分くらいキープして下さい。
※戻すときはゆっくり戻して下さいね。
ストレッチに限らず付着してる筋同士を近付ける事で筋肉は緩みます。
 是非毎日の生活の一部に取り入れて時間がある時に1日1~3回くらいやってみて下さい!

腰の疲れに中殿筋を緩めます。

今日は中殿筋をリラックスします。
では、左の腰から進めますので立って下さい。
 足を肩幅くらい開きます。
1、左のつま先を内側に向けます。
2、左手で左太ももを右側に軽く押して下さい。
この状態を15秒から長くて1分キープして下さい。
※戻す時は、ゆっくりと姿勢を正して下さいね!
3、反対も同じ様に行って下さい。
 筋肉を緩ませるには、ストレッチだけじゃなく付着してる筋同士を近付けるだけでも十分緩みます。
 是非、お試し下さい!

冬の肩こり4

今日は前鋸筋(ぜんきょきん)と言う脇腹の筋肉を緩めます。
姿勢は立ってても座っててもどちらでもオッケーです。
1、右手で左脇の下から肩甲骨または脇腹の筋をしっかり掴みます。
2、左肩はリラックスしたまま、左の肩甲骨または脇腹の筋を前方向に優しくひっぱります。
3、リラックスしながらこの姿勢を10~15秒くらいキープします。
反対も同じ様に行います。1日、1~2回ほど実施してみて下さい。

冬の肩こり3

今日は僧帽筋(そうぼうきん)下部繊維と言う筋肉を緩めます。
背を伸ばして下さい。

1、左手の平をお尻の真ん中あたり(仙骨)に置きます。

2、右手を後ろにまわし、左肘から手首まででどこか届きやすい所を掴みます。

3、右手で右側に左腕を引っ張ります。

4、そのまま背中をそらして、深く呼吸しながらこの姿勢を10~15秒くらいキープします。
反対も同じ様に行います。1日、1~2回ほど実施してみて下さい。