BodyBody津島店

リラクゼーションサロンBodyBodyは肩こり・腰痛・ストレスや疲れを癒しあなたのバランスを整えます。活き活きとした毎日のお手伝いをいたします・・・

TEL:0567-93-7000

〒496-0027 愛知県津島市津島北新開351(ヨシヅヤ津島本店 シネマ館2F)

脚湯(きゃくとう)と足湯(そくとう)

脚湯(きゃくとう)と足湯(そくとう)

季節の変わり目は体調を崩しやすいです。

昔の人は2種類の足湯を使い分けていた様です。

 

1、脚湯(きゃくとう)

お腹の調子を崩してる風邪の場合。湯の温度は42~45度で、膝の辺りまでつけ、4~6分保ちます。

 

2、足湯(そくとう)

のどが痛む風邪の場合。脚湯と同じ温度で、くるぶしまでつけ、6分間保ちます。

 

※乾いたタオルで拭き、足がまだ赤くなってない場合は2分間追加して足を湯に浸かって下さい。

このエントリーをはてなブックマークに追加

« »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。